MENU

低用量ピルについて

アフターピル,低キャパシティピル,効能,副作用

 

低能力ピルはレディースの月の物痛を抑えたり、月の物不順を改善させるために誕生・開発されたお薬だ。

 

みなさんの中には避妊のために飲み込むという認識を持っている方も多いと思います。

 

避妊の効果もありますが、月の物不順や香ばしい月の物痛に悩む女性が月の物をコントロールするために内服し、月の物に対する挑発を激しく燃やす効果があります。

 

低能力ピルを内服することで、排卵を食い止めるので避妊の効き目もあるのです。

 

女性は排卵→妊娠の準備→生理をひと月繰り返していらっしゃる。

 

脳の中枢に生じる脳下垂体から、分泌される性腺外敵ホルモンが卵巣を刺激し、レディースホルモンを繰り返すように呼び掛けるため排卵が起こります。

 

低能力ピルを内服することで、レディースホルモンの嵩を繰り返すことが出来る結果、性腺外敵ホルモンを引き下げることが出来る結果、排卵が起こらなくなります。

 

排卵が起こらないとセックスをしたとしても精子が卵子という受精することがないので、妊娠することがないのです。

 

男性が主体となるコンドームでの避妊と違い、女性が主体的に避妊を行うために手段として、低能力ピルを選択される人が多いだ。

 

低能力ピルは中能力・高能力ピルと違い、ピルのもとですレディースホルモンの嵩が少なくなっているので、副作用の登場が抑えられるという取り得があり、多くの女性が副作用に悩むことなく内服できるようになりました。

 

低能力ピルは月の物の回転によって、デイリー1錠を、極力決まった時間に内服用し積み重ねる必要があります。

 

ピルには何多種かありますが、大体は21錠セットになってあり、21日間デイリー低能力ピルを服用して、7日間休薬の28太陽回転が根源だ。

 

こういう7日間の休薬の時期に消退出血と呼ばれる月の物がくるのです。

 

デイリー呑み積み重ねる時、そして極力決まった時間に服用するため効き目が得られるので、呑み忘れないように一年中の務めや、自分のライフスタイルによって呑むなど、確実に摂取できるように完遂ください。

 

ですが、呑み忘れてしまうと、避妊の効果が期待できなくなってしまうことがあります。

 

そのときにはとにかくセックスの時にはコンドームなどで避妊をしなければ、妊娠する可能性があるので気を付けましょう。

アフターピルについて

アフターピル,低キャパシティピル,効能,副作用

 

アフターピルは避妊に失敗してしまった、性行為後に服用する火急避妊薬だ。

 

アフターピルはセックスの上に、服用するのが早ければ早いほど避妊の効果が高く、遅くとも72ターム以内のであれば避妊できるといわれています。

 

性行為その後、12ターム以内であれば99パーセントの確率で避妊繁盛できるといわれています。

 

なので、もしも妊娠の可能性があるかもしれないと思った時折すぐに産婦人科に処方してもらいに行きましょう。

 

アフターピルには排卵を遅らせたり、受精卵が着フロアしないように子宮頃膜をはがすという効果があるので、妊娠して仕舞う危険を低くすることが出来ます。

 

また、子宮内に精子が進入始めるのを防ぐ効き目もあるので、受精することが出来なくなり、妊娠しないということです。

 

アフターピルは産婦人科で処方してもらうことが出来ます。

 

保険サインは現実サインのために求められることもありますが、保険の適応ではなく権利診査になる結果、お越しに保険サインが必要になるわけではありません。

 

そうして、大人ですか、ティーンエイジャーですかは問わずに処方して受け取れるので、保護者にコミュニケーションが出向くということもわずかだ。

 

ティーンエイジャーで妊娠の可能性があるけれど、現在は妊娠を望んでいないと耐える自身も、アフターピルは処方してもらえるので、産婦人科へ行きましょう。

 

耐える間にも、妊娠して仕舞う可能性が高くなる。

 

アフターピルはセックスから72ターム以内に服用すると記述しましたが、早ければ早いほど避妊に成功する危険はもっと高くなります。

 

アフターピルの呑み輩には大きく分けて2種類あるので、産婦人科でレシピされたときにしっかり説明を訊くようにしてくださいね。

 

アフターピルは1錠服用するノルレボといった、2錠服用しなくてはいけないプラノバールがあります。

 

2錠のプラノバールの場合、1錠目を飲んだ12ターム後にとうに1錠呑む必要があります。

 

呑み忘れてしまうと、避妊の効き目がガタっと落ちて仕舞う結果、注意してくださいね。

 

⇒ホームページへ

このページの先頭へ