MENU

低用量ピルの威力って

低キャパシティピル,効き目,副作用,おすすめ,アフターピル

 

低キャパピルは、婦人のメンス痛を抑えたり、メンス不順を改善するために追求・開発されたお薬だ。

 

ピルには低キャパ・中キャパ・高キャパの3舞台があり、根源です婦人ホルモンの件数が一番少ないのが低キャパピルだ。

 

低キャパピルは、今まで中キャパ・高キャパピルを服用していた皆を悩ませていた副作用の偶発を食い止めることが出来る結果、安心して取り入れできるようになりました。

 

ピルといえば、避妊のために服用するという見解です。

 

本来はメンス痛やメンス不順などの「メンスに対する気掛かりを攻略・緩和するためのお薬」です。

 

そのほかにも、子宮インナー膜症の加療や、子宮筋腫の問題を緩和するためにも使用されたり、低キャパピルを長期に服用するため卵巣がんや子宮健康がんなどの婦人箱のがんを予防する威力もあるといわれています。

 

また、訪問やお出かけなど大切な日に、どうもメンス日をずらしたいという気掛かりを解決するために、低キャパピルが処方されることもあります。

 

婦人特有の重荷や気掛かりを攻略させる手段として、低キャパピルが広い働きで皆に服用されていらっしゃる。

 

避妊のため低用量ピルの飲み方

低キャパシティピル,効き目,副作用,おすすめ,アフターピル

 

低キャパピルには大きく分けて2つの分類がありますが、とも21日間は取り入れを続け、7日間は休薬(或いは呑み忘れプロテクトのためにピルではないビタミン剤がついてあり、それを服用する)という、28日サイクルになります。

 

生理循環によって低キャパピルを服用します。

 

メンスの初日から21日間呑み続けて、7日間休みます。

 

こういう休んでいる7日間の間に消退出血と呼ばれるメンスがきます。

 

メンス循環が28日に確定されるように陥るということです。

 

呑み奴としては「1日に1錠を、できるだけおんなじ時間に服用する」ことが大切です。

 

なるたけおんなじ時間に取り入れできるように、自分のライフやお決まりによって、確実に取り入れできるように調整しましょう。

 

もちろん服用し忘れてしまうと避妊の威力が薄れてしまうため、注意してくださいね!

 

長時間呑み忘れてしまった時折、気付いた時点で服用したら大丈夫なのですが、呑み忘れて常時以来開いてしまった場合はいったん取り入れを休止し、また次のメンス初日から服用し治すようにしましょう。

 

服用していない間は当然ピルによる避妊の効果がありませんので、セックスの際には必ずコンドームなどで避妊くださいね。

何で避妊の威力はあるの?

低キャパピルは何でおめでたを防ぐことが出来るのかというと、排卵を押さえ付ける効果があるからです。

 

脳の中枢にいる脳下垂体から性腺攻撃ホルモンが分泌され、卵巣を刺激して排卵が起こるカラクリになっています。

 

女性は月々排卵→(おめでたの可能性のあるセックスをすれば受精)→おめでたの調整→(おめでたしなければ)生理というサイクルを繰り返します。

 

低キャパピルを服用するため、婦人ホルモンの件数が体内に高まるので、脳下垂体が体内の婦人ホルモンの件数が充足しているといった決意し、性腺攻撃ホルモンの分泌を切り詰める結果、排卵が起こらなくなります。

 

なので、排卵されないので、精子といった卵子が受精陥ることがないので、妊娠する望みがなくなるのです。

 

低キャパピルの取り入れを打ち切るという排卵が起こるようになる結果、おめでたこなせる状態に戻ります。

低用量ピルの副作用の出現

低キャパシティピル,効き目,副作用,おすすめ,アフターピル

 

低キャパピルは中キャパ・高キャパに比べて、意外と副作用が出にくいといわれています。

 

ただし、服用しはじめはピルがカラダに慣れていない結果、頭痛や吐き気などの副作用が出現することがあります。

 

取り入れを積み重ねるためホルモン兼ね合いが整って行く結果、自然と副作用が治まっていきます。

 

仮に数か月呑み続けても副作用が治まらなかったり、副作用がひどすぎて毎日に支障をきたすようであれば、ピルが慣習に合っていない可能性があるので産婦人科にディスカッションに行きましょう。

 

ピルも他の内服薬と同様に薬であるため、副作用が出現することがありますが、いかなる薬であっても副作用がある結果、ピルが悪賢い薬であるということはありませんので安心してくださいね。

喫煙しているとピルの取り入れは危機

低キャパシティピル,効き目,副作用,おすすめ,アフターピル

 

低キャパピルはアフターピルと違いたばことの運気が全然酷いだ。

 

たばこを吸って掛かる輩が低キャパピルを服用していると、血栓症を起こしてしまう可能性が高いといわれています。

 

血栓症というのは、血液の群生が出来てしまい、血の流れが悪くしてしまったり、血管が詰まって仕舞うことです。

 

有名なのは静脈血栓塞栓症(エコノミー範疇症候群)であったり、心筋梗塞や脳梗塞などは命に関わることもあります。

 

タバコ者において低キャパピルを服用したいについてには、禁煙することをおススメする。

 

⇒ホームページへ

このページの先頭へ