MENU

着フロア出血って?

消退出血,着床出血,排卵出血,曲事出血,アフターピル

 

着フロア出血は、受精卵が子宮上部に着床し、子宮中に受精卵が潜り込み、傷つくことによって掛かる出血のことです。

 

着フロア出血はかしこく受精卵が子宮一部分膜に着床した証拠なので、悪性の出血ではありません。

 

主に、受胎当初病態として知られていますが、受胎すれば本当に着フロア出血が起こるというわけではありません。

 

着フロア出血は出血というよりも、おりものに血液が混ざっているようなときのことが多いといわれています。

 

また、月経のように出血分量が多いということも乏しいだ。

 

出血分量が速く、しょっちゅうといったちょい出血の色合いや趣向が違うと感じた時折、受胎の可能性があるので受胎医療を通じてみましょう。

不正出血

消退出血,着床出血,排卵出血,曲事出血,アフターピル

 

不正出血は、月経以外にオチンチンから出血することだ。

 

ホルモンのバランスが崩れる結果出血が起こることもありますが、疾病が原因で出血が言えることが多いので、不正出血がみられているときには産婦人科に受診するほうが安心ですね!

 

不正出血の原因となる症状は、子宮がんや子宮筋腫、子宮一部分膜症、膣炎など、子宮や膣などの疾病にて出血が起きていることが多いです。

 

不正出血は疾病が原因である時折、原因となる疾病が改善するまで続いたり、出血分量も多いため貧血になるなど、他の狂乱を引き起こしてしまうこともあります。

消退出血って?

消退出血,着床出血,排卵出血,曲事出血,アフターピル

 

妻のカラダで捲れた子宮一部分膜が、体外へ排出されるときの出血のことを指します。ピルを服用する結果、不自然に月経を起こすことを消退出血(しょうたいしゅっけつ)と呼びます。

 

消退出血は排卵に関係ない状態で、子宮一部分膜の剥離にて起こります。

 

消退出血はピルを服用していないと、起きない病態だ。

 

低用量ピルの場合は、休薬期間中に消退出血が起こります。低用量ピルの服用中央は排卵されない結果、子宮一部分膜は薄くなっているので、通常の月経よりも出血が少ないことが多いです。

 

アフターピルの場合は、服用後々早ければ明日~3ウィークの間に避妊に成功したら、出血が起こります。

 

アフターピルの内服後に消退出血が起きたは、避妊がサクセスしたという告知ですね。

 

出血分量はアフターピルを服用したときに、排卵の頃がどうにかで、出血分量に大きな違いがあります。

 

⇒ホームページへ

排卵出血って?

消退出血,着床出血,排卵出血,曲事出血,アフターピル

 

排卵出血は、排卵の頃に起る出血だ。

 

排卵は、卵巣から卵子が飛び出して、卵管に入ることをいいます。

 

その排卵によって出血が起こり、みっちり月経テンポの中間の折に出血行なう。

 

排卵出血の病態は、出血分量が薄く、間隔も1~3日光と少ないことが多く、まれに排卵を通じて土手っ腹痛を伴うこともあります。

 

排卵出血自体にはモウマンタイのですが、他の疾病が隠れる場合があるので、排卵出血が起こった時折注意が必要です。

 

排卵出血の原因は、主に二つあります。

 

①排卵場合卵子が攻略され、卵巣の仮面が破れて生じる出血だ。

 

②排卵期にホルモンバランスが崩れる結果、子宮一部分膜が剥がれて出血することがあります。

 

急性出血は不安になるかもしれませんが、敢然と排卵されている証拠ですよ。

このページの先頭へ