MENU

アフターピルの種類

アフターピル,ノルレボ,プラノバール,効力,副作用

 

アフターピルは避妊しなかったタイミング、避妊失敗したときに、性行為後に避妊の最終手段として産婦人科やクリニックなどで処方して頂けるピンチ避妊薬だ。

 

日本でレシピされているアフターピルは大きくわけてプラノバールとノルレボの2顔ぶれあります。

 

昔はプラノバールがレシピされていましたが、2011年に日本でやっとピンチ避妊薬として許可されたノルレボが発売されてからは使用されることは少なくなりました。

 

プラノバールは中キャパシティピルなので、ピンチ避妊薬として許可されておるわけではないのです。

 

メンス不順や不妊症、更年期障害などの状態のホルモン均衡の狂乱をプラノバールを服用するため揃えるのが本来の目的だ。

 

ピンチ避妊薬(アフターピル)として国から認められているのはノルレバですが、ほとんどの産婦人科やクリニックでは、プラノバールとノルレボのどちらかを選択できるところがほとんどです。

 

 

 

アフターピルのプラノバールとノルレボの飲み方

アフターピル,ノルレボ,プラノバール,効力,副作用

 

プラノバールは2回に分けて2錠投薬が絶対なのに対して、ノルレボは1回1錠服用する。

 

プラノバールは性行為から72日数以内に1回瞳を服用し、1回瞳を投薬後から12日数後に2回瞳を服用する必要があります。
(12日数といっても多少の差は問題ないとされています)

 

※2回瞳を呑み忘れないように注意が必要です。

 

ノルレボは性行為から72日数以内に1錠を呑むだけで大丈夫です。

プラノバールといったノルレボの結末や副作用

アフターピル,ノルレボ,プラノバール,効力,副作用

 

結末

 

プラノバールってノルレボ両方セックス後の72日数以内に服用するため避妊結末があります。

 

アフターピルを服用するため、排卵を操作、または遅延するように呼びかけます。

 

排卵をしなければ、受精をすることがないので避妊効果が期待できるのです。

 

それほどの役目は、排卵をとっくにしていて受精してしまった場合も、子宮に着床して妊娠するまでに排卵から5日光から7日光ほどかかります。

 

そのあいだに本来は、子宮に着フロアーしやすい情況を備えるのですが、アフターピルを通じて早めに月の物を起こして受精卵が着フロアーしにくい環境にして、妊娠を防ぐ結末が期待できます。

 

副作用

 

プラノバールは「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」の2つの女性ホルモンが塞がり、副作用が非常に凄いといわれています。

 

ノルレボは「黄体ホルモン」のみが含まれているので、副作用が非常に少ないとされています。

 

プラノバールを服用すると、約50百分率が吐き気、15百分率が嘔吐の副作用が出るそうです。
※2日数以内に嘔吐してしまった場合は、更に服用しないといけません。

 

ノルレボを服用したときの、吐き気が約3百分率、嘔吐は0%というデーターがあります。

 

これまで見てきてアフターピルによるならノルレボを選択すると考えるのが普通です。

ノルレボとプラノバールの成功確率

アフターピル,ノルレボ,プラノバール,効力,副作用

 

プレノバールといったノルレボの避妊成功率は違うの?

 

一番大事なのは避妊の成功率でしょう。

 

プレノバールとノルレボの避妊成功率は違う。

 

プレノバールが57百分率に対してノレルボは82%の妊娠防止百分比ができます。

 

性行為下部24時間以内に投薬すれば95百分率以上ともいわれているので、取り急ぎ呑むようにしたいですね。

 

ノルレボとプラノバールの費用

アフターピル,ノルレボ,プラノバール,効力,副作用

 

ポイントが値段なのです。

 

プレノバールが4000円~7000円程

 

ノルレボは12000円~20000円程

 

病棟を通じて値段はさまざまですが、まったく違う。

 

1回の値段が10000円以上となると、経済的に厳しい場合はプレノバールを服用する抜擢をする女性も多くいます。

 

クリニックによっては、ノルレボのジェネリック薬を扱っているあたりもあるので、安く済む場合もあるので探してみるのもいいでしょう。

 

通販けれども購入することができます。

 

しかし、日本ではなく外国から自身輸入する事になるので、安全なショップを選ぶ必要があります。

 

日本で処方してもらう10分の1の値段でアフターピルが購入できるので、多くの女性が購入していらっしゃる。

 

⇒ホームページへ

このページの先頭へ