MENU

アフターピルはエッチ以下いつからいつまでに飲めば避妊OK?

アフターピル,避妊負け戦,効き目,呑みユーザー,副作用

 

アフターピルは性行為で避妊しなかったり、コンドームが破れたり、レイプされたりといった性行為の後に、避妊やれる最終手段になります。

 

おめでたしたくないのに、中出しされてしまたときにおめでたしないようにホルモン割合をコントロールするお薬だ。

 

アフターピルを投薬すれば、100パーセンテージ避妊もらえるわけではないので覚えておいてくださいね。

 

アフターピルええつから、いつまでに飲んだら良いのか?

 

アフターピルは、72時刻以内に飲めばセキュリティーということを耳にしますが、性行為後にできるだけ早く呑むのが正解です。

 

なぜかというと時刻が過ぎれば越えるほど、避妊失敗の可能性が高まっていきます。

 

アフターピルにも個々があるので、日本で危急避妊薬として認められているノルレボの場合を例にあげて説明させて下さい。

 

アフターピルは性行為後から12時刻以内に呑むため99パーセンテージ避妊当たりするといわれています。

 

12時刻~48時刻までに飲むと、85パーセンテージまで避妊成功率が下がってしまいます。

 

再度72時刻では58パーセンテージまで避妊成功率が下がります。

 

こういうデーターから、何時飲み込むかと質問されれば「アッという間に飲んでください」というしかないです。

 

72時刻を過ぎても120時刻までは避妊やれる可能性があるので、遅くなっても服用してください。

 

新たに発売されたエラ(ella)だと72時刻までに服用すると95パーセンテージの避妊成功率、120時刻までに服用すると85パーセンテージの避妊成功率のアフターピルがあります。

アフターピルはどのように購入できる?

アフターピル,避妊負け戦,効き目,呑みユーザー,副作用

 

基本的には日本では、産婦人科や病棟で処方してもらわなければ、入手することができません。

 

最近は、多くの女性が他国からアフターピルを人輸入やる人が増えています。

 

人輸入やる理由には、避妊失敗したときにアッという間に飲みたいときに、産婦人科が休日だったり、近くに弱いパターンなどがあります。

 

産婦人科では、あらかじめ買う事ができないというのも短所もあります。

 

二度と、産婦人科だと10000~2万円するのに、通販で購入すると10分の1程度の値段で購入できるので、使用しないかもしれないけれど、護符代わりに購入している女性が増えています。

 

注意しなければいけないのは、まがい物や違法な通販HPもあるので、ただ安いので購入しないように注意してください。

 

⇒ホームページへ

このページの先頭へ